オバマ大統領のヒロシマ訪問は歴史に残る偉業か。

オバマ大統領は伊勢志摩サミットを終えヒロシマ訪問し、多くの被爆者の前で演説しそして被爆者を抱きよせて、言葉では謝罪しなかったものの被爆者やヒロシマ県民に対して、そして世界中に核兵器廃絶を訴えた。これはヒロシマ県民や多くの原爆被爆者が望んでいた悲願であった。そして私は彼のヒロシマ訪問を人類の平和への第一歩であると確信し強く感動しました。またテレビを見ていたすべての日本人も感動したと思います。アメリカは71年前にヒロシマへ原爆投下をして初めて核兵器を使用しました。核兵器の発明を 、終わりの始まりである と、オバマ大統領は言っておりました。核兵器廃絶、を彼が訴えて世界中に発信したことが、、世界平和 の始まりであり、そして第一歩であると思います。そして彼のヒロシマ訪問は歴史に残る意義深いものであったと、思います。また民進党の議院などが党派を超えて、彼のヒロシマ訪問、阿部総理外交を、高く評価しており、今回の伊勢志摩サミット、オバマ大統領のヒロシマ訪問は歴史に残る、偉業であると多くの後世の人類は認めるでしょう。
テーマ

エッセイ


関連テーマ 一覧


人生

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック