新型コロナウイルスによる細菌戦争は、ホーキング博士が予測した 人類の終焉の始まりか!

 2018年に亡くなった イギリスの天才宇宙物理学者 ホーキング博士は、40年前におこなった彼の講演の中で「高度に文明の発達した天体は、自然の循環が破壊され、宇宙時間からして一瞬にして消滅するだろう、」と断言したようです。そのときある人物が「だったら貴方の言う宇宙時間の瞬間的とは、地球時間からして何年か?」と尋ねたら彼は即座に「百年だろ…
コメント:0

続きを読むread more

ホーキング博士は、ヒッグス粒子の研究が進むことで、時空の完全なる崩壊 を明言している。

理論物理学者スティーブン・ホーキングは、ヒッグス粒子の研究が進むことで、時空の完全なる崩壊というシナリオの引き金を生んでしまうのではないかと危ぶんでいる。粒子に膨大なエネルギーを与えるこの実験が、この宇宙を飲みこんでしまうほどの「壊滅的な真空の崩壊」を引き起こすかもしれないというのだ。  人類が神の領域に入り込んでしまったことで、…
コメント:0

続きを読むread more

忘れてはならない・・・日航ジャンボ機123便墜落事故

1985年8月12日午後6時56分 羽田発大阪伊丹行きの日航ジャンボ機123便が群馬県上野村の高天原山の地に墜落し、乗員乗客520人が死亡した史上最大の航空機事故(生存者4名)は、当時のことを今も鮮明に記憶しており、いつもこの8月のこの時期になると、この事故の悲惨さを思いだされるのであります。先般、元日本航空客室乗務員であった青山透子氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神は近藤医師となって現代の人々に警鐘を与えている

正義派医師近藤誠先生が著書のベストセラ- 患者よガンと闘うな を読んで感銘したのですが、この本の最後の書き込みは素晴らしい言葉でありました。世の中のあらゆる病と闘っている人々へのバイブルです。まさに神は近藤医師となって現代の人々に警鐘を与えているのです。それではここに内容を一部抜粋して紹介したいと思います。 人は夢や希望を持つこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池百合子が及ばない戦後最大の政治家石原慎太郎のとてつもない功績・・・・・・

彼は東京都知事4期14年の都知事在任中にとてつもない行動力で数々の素晴らしい功績を残した。 歴代の都知事は果たしてこれだけの功績を残したでしょうか?そして今後、小池都知事が何をするのでしょうか、疑問ですね。いくら選挙戦が上手であっても・・・そんなもの我々国民にとって何の意味もないのです。 政治家とはいかに国民を幸せにし、より良い社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代のガン医療に警鐘を鳴らす、正義派医師近藤誠氏は現代のコペルニクスか?

昨今、芸能人のガンによる闘病がよくテレビ等で報道されておりますが、わたくしの私感ですが、この近藤氏の理論に沿った治療(放置治療)を実践していたならば、多くの芸能人、著名人が救われていたと確信しています。まことに残念です。そしてお気の毒です。ここでわたくしが広く世の中に訴えたい ことを述べたいと思います。元慶応大学病院医師近藤誠氏は、現代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領のヒロシマ訪問は歴史に残る偉業か。

オバマ大統領は伊勢志摩サミットを終えヒロシマ訪問し、多くの被爆者の前で演説しそして被爆者を抱きよせて、言葉では謝罪しなかったものの被爆者やヒロシマ県民に対して、そして世界中に核兵器廃絶を訴えた。これはヒロシマ県民や多くの原爆被爆者が望んでいた悲願であった。そして私は彼のヒロシマ訪問を人類の平和への第一歩であると確信し強く感動しました。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡とU-Z

U=Z   私が大学時代 航空部の合宿で福井県へ行っていたとき、夜に空の観察をしていた時のことです。突然夜空にUFOの編隊飛行を目撃しました。そのUFOの編隊は夜空にU=Zの文字列に並んでしばらく編隊飛行していたのですが・・・・・・まもなくその物体は消滅しました。その晩私たち昨夜のUFOの編隊飛行とU=Zの文字について討論会を実施したと…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

永遠に年をとらない方法はありますか?

この答えは簡単ですね。すなわち時間のない世界へ行くこと(宇宙の果てみたいなところ・・)この天地宇宙を神が創造したとして、それが何百億年か前の何月何日として、誰かが「神はなんで、もう1年早く天地を創造しなかったのか。」と誰かが言う。そしてもし物事に関わりなしに時間として存在するなら。この人の言い分は正しいことになるではないか。しかし哲学者…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more